新栄グループは「心身ともにストレスを感じない健康の提供」をテーマにしています。

HOME » マンション管理ガイド » マンション管理の概要 » 24時間監視・緊急対応

24時間監視・緊急対応

24時間監視・緊急対応

24時間監視・緊急対応

万が一の時にも安心できる監視&危機管理体制。

皆さまの安全な暮らしを守るため、マンション内で発生する異常事態に24時間365日体制で対応。火災やエレベーターの故障などさまざまなトラブルにも、専門業者と連携して適切な対応を行います。


24時間監視・緊急対応システム 24時間監視・緊急対応システム

非常事態に備えて共用部の火災やエレベーター内非常通報、住戸内の非常通報やガス漏れ、救急通報などを24時間365日体制で監視します。

共用部分

 

共用部の火災、エレベーター、機械式駐車場、給排水設備、消防設備等の異常警報の受信を対象とした監視を行います。トラブルが発生した場合、1次対応として提携警備会社または専門技術者が出動し、現場確認・応急処置を行います。状況に応じて2次対応を行います。事態収束後、経過報告書を作成し報告します。

専有部分

 

住戸内火災、ガス漏れ、非常警報等の受信を対象とした監視を行います。トラブルが発生した場合、状況に応じて提携警備会社や専門技術者、警察・消防、ガス会社や電力会社等への通報を行い、事態の拡大防止に努めます。

イベントサポート

 
AED講習

管理組合で消火訓練やAED講習などのイベントを実施する際には、その企画・運営をサポートします。

危機管理対策について 危機管理対策について

当社では、自然災害等の発生時には、以下のような対策を行っています。また、2005年(平成17年)3月20日に発生した「福岡西方沖地震」の際に当社がとった対応についても参考にされてください。

台風接近等に伴い諸注意掲示物の作成による各住居者へ注意喚起

↑

風水害が考えられるため各物件を巡回し目視点検を行い、危険と思われる箇所については対処・処置を行う

台風・大雨などの事前対策

↑

非常勤体制にて会社待機しトラブルに対して都度対応する
※当社協力会社を含む

↑

台風通過後、全社員にて物件の点検・清掃を行いトラブルがある場合は早急な対応を行う
※当社協力会社を含む

被害が予想される場合

台風・大雨などの事前対策  被害が予想される場合

福岡西方沖地震発生から復興までのフロー

被害発生

◎電気・ガス・水道などライフラインの遮断
◎ビル・マンションの一部損壊

 
↓
社員を現地に派遣

◎非常勤務体制にて多数の社員(協力会社を含む)を各物件へ派遣
◎被害状況の把握、ライフラインの応急処置、住民・居住者の安全確保

 
↓
災害対策本部設置

◎復旧工事の概算費用算出、工事実施の合意形成など
◎専用窓口を設け、お住まいの方々の様々な問い合わせや不安等に対応

 
↓

※上記作業を行い、お住まいの方々が困らないように、応援作業を行います

緊急工事実施

◎被害状況の点検・調査、保険会社への被害報告
◎理事会に報告・対応協議
◎危険箇所の応急工事を実施(緊急度・危険度等をふまえて)

 
↓
復興計画作成

◎復興計画作成
◎理事会・総会・工事説明会等実施

 
↓
復興工事着工

◎工事請負契約締結
◎近隣への挨拶廻り

 
↓

※中間検査

復興工事完了

◎工事代金の支払い
◎保証・アフターサービス開始

 
 

詳しく見る

マンション管理について詳しい説明、御見積依頼も、お気軽にお問い合わせ、ご依頼ください。

マンション管理会社の選定は、マンションの資産価値を維持する上で、
また将来の修繕に向けた計画等のために非常に重要です。ぜひご検討ください。

お問い合わせ Tel.092-762-5222
お問合せフォームはこちら

ページの先頭へ戻る

  • イベント情報・レポート
  • スタッフブログ
  • 空き賃貸情報
  • お問合せ・ご相談
  • TVCM放映中です
  • お客様インタビュー